生活していく中で気になることってありますよね。あなたの疑問のヒントになれば幸いです。

気になることを確かめてみよう

イルミネーション

伊豆ぐらんぱる公園イルミネーショングランイルミの混雑や食事やお土産は?

投稿日:

伊豆ぐらんぱる公園のグランイルミは2018年10月20日から2019年8月31日までの長期間開催されているイルミネーションイベントです。

12月末に家族でグランイルミを見に行った際の混雑や感想、アトラクションの様子、園内の食事やお土産についてまとめてみました。

スポンサーリンク

伊豆ぐらんぱる公園グランイルミの混雑は?

2017年の12月末に行きました。
二泊の旅行で行ったので、近くのホテルに泊まりました。

交通手段は家からバスでJRの駅まで行き、そこから電車で伊豆高原駅まで、そこからホテルまでタクシーで。

ホテルからぐらんぱる公園は徒歩で行きましたが、少し距離があるのでバスで行った方が早いです。
帰りはバスで帰りました。

レジャーランドとしてはあまり新しい施設ではないので、終始すごく混んでいる印象はなかったです。

イルミネーションの方は、夜になると少し混んでいる感じがありましたが、夕方行くと空いているので混雑が嫌だなという人は、少し暗くなってきた頃に行くと良いかもしれません。

イルミネーションの他に子供が遊べるアトラクションが沢山あるので、遊びながらイルミネーションを見ることもできます。

小さな遊園地といった感じで、滑り台も夜にはライトアップされ滑ることができます。
ジップラインもあり、イルミネーションが上から一望することも出来るので高い所が好きな方は楽しめると思います。

また、長い滑り台があり、夜も滑ることができるので、イルミネーションを見ながら滑ると綺麗な風景と楽しさが倍増します。

入場料は昼の部と夜の部に分かれていてぐらんぱる公園全体のアトラクションを含めた入場料が必要です。
アトラクションはひとつひとつ券を購入して楽しむ事が出来ます。

トイレは園内数カ所にあるので困りません。
子供が遊べる場所も沢山あるので、小さなお子様連れの家族が比較的多いように感じました。

ただし、年末という事もあり寒い時期だったので、夕方を越えるととても寒かったです。
お子様と滑る時は防寒対策をして暖かくしていくことをお勧めします。

園内にはポテトやスープ、ホットスナックなどの屋台も沢山あり休憩をしながら遊べます。
もっと暖まりたい方は、レストランも数カ所あるのでしっかり暖まって、またイルミネーションを見る事も出来ます。

グランイルミは何度でも入ることが出来るので、夕方や夜で違った見方ができると思います。
イルミネーションも沢山あり、入場して出口まで結構歩きます。

途中数十分おきに音楽が流れ、その音楽に合わせてイルミネーションが変化するショーがあります。
とても綺麗なので、音楽が流れるのを待って見るのがおススメです。

スポンサーリンク

伊豆ぐらんぱる公園の園内の食事は?

屋台は園内に焼きそばやポテト、スティックの焼肉やクレープ、スープなど沢山あります。
どれも昔からあるような屋台なので馴染み深い感じでした。

オススメはロングポテトで、普通のポテトフライではなく、ジャガイモの粉を伸ばして揚げたようなお菓子感覚のポテトで美味しかったです。

お子様でも食べられ、小腹が空いた時に丁度良い感じでした。
寒かったので暖かいスープも美味しかったです。

ぐらんぱる公園の中にはショップやレストランやテイクアウトコーナーが合計9店舗あり、その中にあるカレーとラーメンのお店「マーチス」でラーメンを食べて帰りました。

昔ながらの素朴な味で美味しく、暖まれました。

伊豆ぐらんぱる公園の園内のお土産は?

お土産は静岡なので、富士山のマスコットのものが多く見られました。
可愛い物が沢山あったので、子供は迷っている感じでした。

あとは干物も売られていて、美味しそうでしたがなかなか高価なものだったので買いませんでした。
あおさ煎餅は磯の香りがふわっと香って軽い感じで食べれたのでとても美味しかったです。

さいごに

長期間開催されるのが魅力のグランイルミ。
4月7日までと、GW期間、夏休み期間は毎日営業、4月8日以降は金・土・日の営業になるのをご注意ください。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

-イルミネーション
-,

Copyright© 気になることを確かめてみよう , 2020 All Rights Reserved.